カウンセリング、メンタルヘルス、EAP、発達障害、ADHD,アスペルガー、うつ、電話相談


軽度の発達の偏りをもつお子さんは、文部科学省の全国調査によると、全体の6.3%いるともいわれています。ADHD、LD、PDD、アスペルガーなどといわれていますが、どのお子さんも、行動、学習、などに偏りをもっているのが特徴です。

そのまま何とかやっていける場合もありますが、多くの場合、お子さんが思春期になったころ、二次障害に陥ってしまいます()。特に友だち関係や学習そのものにつまずいてしまっている場合が多いので、それを解消していくことは非常に困難です。

学習が進まない、自分はどうせダメなんだと自己イメージが低下してしまう、友だちから孤立してしまう、など。

できれば、なるべく早い時期に、それぞれのお子さんの、苦手とするところ、得意なところ、問題とされる行動がどこから来るのかを正確に把握して、それぞれのお子さんに合ったやり方で学習をする、対人関係の技能を身につける、身体のコーディネーションを整えていく、などが、二次障害を防ぐためには必要なことです。

そのためには総合的にお子さんの偏りを調べ、対応していくための施設をつくることが責務と考え、目黒臨床心理士オフィスの発達部門として、このたび「プラスアルファーこどもそうだんしつ」を開設いたしました。
発達臨床を専門とする臨床心理士を中心に、日々研鑽を積んでおります。
お子さんの相談
HOMEへ戻る

ご予約受付・お問い合わせ

基本的にメールにて承ります。
ご相談フォームからご連絡いただけますようお願い申し上げます。

▼お電話の場合
火曜日 13時〜19時

他の曜日もご用件をお知らせ頂けましたら、折り返しお電話させていただきます。

ご相談曜日・時間

月〜土曜日 ご都合にあわせて決めさせていただきます。